美味しい手作りご飯を犬に食べさせよう|健康を考えて行なう

ペットも火葬する時代

骨壺

公営と民間の火葬と費用

ペットが死んだ後、自宅の敷地がある場合はそのまま土葬したりすることもよくあります。ただ最近は庭がない家庭が多いため、ペットの遺体を火葬してから埋葬するケースが大半を占めるようになりました。このペット向けの火葬サービスは、自治体が主催している公営の物と民間企業の物があります。どちらも火葬するところまでは同じですが、民間業者の方がよりサービスが充実しています。例えば火葬と一緒にペットの葬儀を請け負ってくれるのは、民間業者だけです。公共のサービスでは、いずれの地域も火葬のみの受付となっています。それに加えて民間業者では共同墓地も用意しているので、火葬後の納骨までスムーズに進めることが可能です。その点からいっても、充実したペット供養を望むなら民間業者を利用するのが一番といえるでしょう。ただし公営よりサービスが充実している分、民間業者のペット供養の方がやや割高の設定です。公営で数千円台から提供している火葬も、民間業者に頼むと一万円以上になるケースがほとんどです。しかもその料金も、ハムスターや小鳥くらいの小型動物向けの設定となっています。そのためそれよりもサイズが大きい猫や大型犬のペット供養を民間業者に依頼すると、二万円から六万円くらいの予算を用意しなくてはいけなくなるはずです。さらにこれにオプションのペット供養である納骨や葬儀も加えれば、さらに高額な費用がかかることが考えられます。大切な家族との最後のお別れになることですから、予算や取り扱い方など納得したうえでペット供養のプランを考えるべきでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加